Entry

Interview

社員紹介

全員が会社の方向性や
考えを共有しているから
一体感を持って仕事に
チャレンジできる

齋藤 峻
2014年入社
中央大学 理工学部卒
営業部

「ついてくれば成長できる」
その言葉を信じて入社

テンワスに出会ったとき、忘れられないやり取りがありました。「テンワスに入社したら成長できますか?」という面接での私の問いかけに対し、「一生懸命ついてくれば必ず成長できる!」面接官だった役員からそんな風に言われたのです。私は大学で理系の専攻でしたが留年を経験し、先に就職している同期と差をつけられてしまった焦りを感じていました。そのギャップを埋めるためにも、成長できる会社や環境を求めていたこともあり、テンワスの面接を通して、私は入社を決断することができました。このときの面接官の言葉は、いま振り返れば、自分が何事にも積極的に取り組めるかどうかを問われていたのだとも思います。入社後に、当社が運営する太陽光発電所の竣工式がありましたが、私はそのパンフレット制作に手を挙げ、竣工式当日の運営にも携わりました。初めてのことばかりでしたが、意欲を持って仕事に臨むことでこそ得られるものは大きい、と身をもって感じました。「成長」という言葉の意味を、入社後すぐに体感できた経験でした。

苦しいときも周囲の声掛けや支えが
自分の力になる

入社前からやる気は大いにありましたが、最初から自分の力だけで成功することはそうそうないのも当社の営業の仕事です。物件の売却案件には1年目から貢献できましたが、不動産開発の基本となる「土地を買う」ということは叶いませんでした。しかし先輩たちが「自分たちにも土地を買えなかった時期はある」と声を掛けてくれたことに救われ、また先輩を身近な存在として認識することができました。そうした周りの存在のおかげで、「何も成し遂げずにあきらめるわけにはいかない」と、結果を出す意欲はさらに高まったと思います。
2年目には銀座の商業ビルと新築のマンションを、建築する段階から関わらせてもらいました。先輩と協力しながらプロジェクトを進め、協力会社との毎週の定例会をおこなって建築の方向性や詳細を決めたり、リーシングに関しては仲介業者ともやり取りして、新築案件の一連の流れを経験することができました。私がそのとき大切にしていたのは、こまめな訪問と連絡です。仲介業者に関しても訪問を重ねることで信頼を得られ、テナントも決まり易くなります。銀座の物件では、設定した賃料や条件が適切か、先方にはどのようなご要望があるかなど、しっかりヒアリングしながら話し合いを重ねました。そうした行動が良い方向に働き、当社の希望通りの条件でテナントを埋めることができたときは、自分の考え方や行動に間違いはなかったのだと一つの自信を得ることができました。

会社が好きだから
結果を出して盛り上げたい

当社には、「やりたい!」という意欲ある人に仕事が集まります。毎朝の会議には、営業だけではなく、経理や総務といったあらゆる社員が参加して情報共有を行い、誰がいまどのようなことをやっているのか、会社が何をしようとしているのかを把握できるようにしています。もしその場で、検討中の案件があると聞けば、自ら積極的に手を挙げることで、任せてもらうことも可能です。仕事は上から振ってくるのを待つのではなく、自分から取りに行くスタイルと言えばいいでしょう。とはいえ、協力しながら皆で支え合う意識があるのでとても心強く、また自分が良いと思うことは何でも提案できますし、一方的に決めつけられたり否定されることはありません。経営陣とも距離が近く、直接会社の考えを聞いた上でプレゼンテーションできるのも良い風土だと思います。そして、苦しいときも支え合おうという気風は良い循環を生みます。私はテンワスのこの雰囲気が大好きですし、会社の仲間のことが好きだからこそ、結果を出してもっといろいろな案件や事業につなげ、会社を盛り上げていきたいと思っています。入社を決めたときに望んでいたような大きな成長が、その結果としてきっとついてくると信じています。