Entry

Interview

社員紹介

財務という立場で
会社を見渡しながら
M&Aや営業にも貢献

浦元 大樹
2015年入社
中央大学 経済学部卒
財務・経理部

1年目から不動産の開発や
売買などの仕事で達成感を得る

入社1年目から活躍できる会社、しかも何億単位の案件を扱うことができる。そんな話を説明会で先輩社員から聞いて、私はテンワスに興味を持ちました。私は自分で何かを成し遂げたいという想いが強かったので、若いうちから幅広い経験や活躍ができる会社に入りたかったのです。その希望が叶い、テンワスに入社後、営業としての1年目から、テナントのリーシングや数億規模の物件売却、新築の開発物件の担当にも参画させてもらいました。当時の開発案件では、先輩の下で学びつつ、エントランス部材の一部を私が決めさせてもらうなど、ものづくりの面白さを味わうことができました。この物件ではリーシングも担当しましたが、自分が関わっているからこそ、この物件の特徴やメリットもしっかり伝えることができ、良いテナントの入居につなげることができたことも一つの成功体験です。営業という立場でありながら、開発、リーシング、売買といった、さまざまな仕事に関わり、1年目からテンワスの営業の醍醐味を存分に味わえたことは幸せでした。

営業から財務に異動し、
新たな知識や視点を獲得

私は1年目の終わりに財務・経理部に異動し、財務担当になりました。私はもともと株に興味があり、学生時代は証券研究会に所属していましたが、そんな志向も会社は見てくれていたのかもしれません。私は会社が手掛けているM&Aにも関心がありましたし、この異動はいい意味でチャレンジできると思いました。財務に異動してからは、銀行対応や地方出張にも出かけています。テンワスの賃貸事業や開発事業は首都圏が中心ですが、M&Aは不動産を保有している全国の企業が対象なので、これまでにはなかった新鮮さを味わっています。テンワスでは、営業同様、財務でも若くして責任ある仕事を任せてもらえる点は変わりません。例えば物件を購入する際は決裁こそ役員会となりますが、融資づけについても一人で銀行に赴き、条件を固めます。扱う金額も大きく、若くしてこうした経験をさせてもらっているのは、身が引き締まる思いです。
また、財務担当となった今でも営業のミッションを担うこともあります。仕事を兼任させてもらえることのメリットは、広い視野でどちらの仕事にも対応できることです。金融目線での不動産の見極め方や、営業だからこそわかる不動産の現場の状況など、両方の知識と知見があることが、いまの私の大きな武器になっています。

財務ならではの視点やアドバイスで
会社に貢献することが目標

財務を経験し、営業とは異なるM&Aや銀行関連のさまざまな知識や経験を得られたことは、今後につながる大きな財産だと感じています。物事をいろいろな角度から見ることができるようになり、営業しか知らなかった頃よりも視野が格段に広がりました。また、財務の上席は役員なのですが、会社の経営幹部に直接意見を伺いながら仕事ができる環境は、他社では望んでもなかなか手に入らないものです。テンワスという、社員全員が身近な規模で、垣根のない社風だからこそこうした貴重な経験ができているのだと思います。
営業という仕事は目先の案件や数字に目が行きがちですが、財務という立場は会社の全体が把握できます。私は、事業計画はこれ、目指すところはここ、といった会社の指針を間近で感じられる立場にもあります。当社では全社員が毎朝顔を合わせて会議をおこなっているため、コミュニケーションがし易い環境です。こうした環境を活かして、財務の立場からもっと会社に貢献していきたいと思っています。